In the Aeroplane Over the Sea

空とぶひこうき!ブンブブーン
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 年の差なんて | main | フジヤマアタック >>

鬼子〈上〉 (幻冬舎文庫)

新堂冬樹読了二作目となりました。
今回も随分衝撃的でした。
ある日突然親に暴力をふるうようになった息子・浩をめぐる家族の物語。

前半から、主人公である袴田の実力は無いのにプライドだけは一流というかなり
キワドイキャラが大爆発で、
それが原因となって、いろんな事件が起こっているのかと思いました。
最終的には、浩がなぜ家庭内暴力をふるっているのかというのは理由付けされますが、
前半から伏線のように敷かれていた物語の影の部分がつながっているわけではなく、
ちょっとがっかりな部分も。
ただ、わかりやすい部分であったもう一つの伏線、終盤に盛り上がるもう一つの最後は
とても自分としては救いだな。と。

うーん。この間の短編のほうが自分としては好みだな。
| permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この日記のひとこと

メッセージ









www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from 104bide. Make your own badge here.