In the Aeroplane Over the Sea

空とぶひこうき!ブンブブーン
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 青いひとたち | main | Dark Side of the Moon >>

リトル・ミス・サンシャイン

評価:
アビゲイル・ブレスリン,グレッグ・キニア,ポール・ダノ,アラン・アーキン,トニ・コレット,スティーヴ・カレル,ジョナサン・デイトン,ヴァレリー・ファリス,マイケル・アーント
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 2,953
(2007-06-02)
個々に様々な問題を抱えバラバラになりそうな家族が、一つの目標を達成するために
行動するうちに徐々に家族が団結してゆく映画。
こういう、映画好きなんです。

先週見た『転々』を思い出させる映画でした。
・駄目な登場人物たちが出てくる。
・家族というテーマ。
・そして、何も解決はしないけれど、これからどうなってゆくか登場人物のこれからを想像するとなんとなく明るい気持ちになれる映画。
三つ目の類似点では、決してこの人たちが持っている問題が解決されるわけではないけれど。
でも友達も書いていたけれど、今まで下向きだったものが上向いていきそうな気がとてもするんだ。

おじいちゃんの言葉が最後まで伏線としてはられていたけれど、
それを信じる子供の姿が、本当に輝いていた。目がくらみそうだった。
劇中の中だとおじいちゃんが一番好きだったなぁ。
おじいちゃんの選曲、踊りも他に対するアンチテーゼのようで、
逆に最後に叫び声を上げる人と同じ気分になった。


人が何かに向かって頑張っている姿はほんとうに生き生きとして見えた。
俺も自分の『ミスリトルサンシャイン』を機にもっと何かを感じないとな。。。
映画 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この日記のひとこと

メッセージ









www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from 104bide. Make your own badge here.